交通事故の解決実績

示談 バイクvs四輪車 手・手指 自営業 靭帯損傷 骨折 12級

【三角繊維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)】弁護士介入後1か月で保険会社の提示額から2倍以上にして示談解決

Jさん 40代・男性・自営業

【三角繊維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)・手関節内骨折】弁護士介入後1か月で保険会社の提示額から2倍以上にして示談解決

解決事例のポイント

弁護士介入後1か月で保険会社提示額約450万円⇒980万円で示談解決

相談前

Jさんは八百屋を営む自営業者さんですが、バイク事故に遭ってしまい、手をケガしてしまいます。

後遺障害等級12級13号の認定を受け、保険会社から約450万円の示談提示を受けていました。

この金額で妥当なのかどうか分からなかったJさんは、弁護士に法律相談することにします。

弁護士小杉晴洋介入による示談解決

保険会社の示談提示を見ると、Jさんの年収が約130万円で計算されていたり、慰謝料額が保険会社基準で計算され、裁判相場の半額以下になっているなどの問題がありました。

そこで、この金額で示談してはいけない旨を説明し、代理人弁護士として示談交渉を開始しました。

まずJさんの収入資料を分析し、Jさんの実質所得がもっと高いことを立証しました。

また、慰謝料額を裁判基準まで上げるよう請求しました。

そうしたところ、受任から1か月で、980万円の示談解決をすることに成功しました(当初示談提示額の2倍以上)。

Jさんの件のように、弁護士介入後、すぐに倍以上の成果が出ることがよくありますので、保険会社から示談提案を受けた被害者の方は、まずは被害者側専門の弁護士に相談されることをおすすめします。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。