交通事故コラム

靭帯損傷

足首の靭帯損傷

2020.08.11

足関節外側靭帯損傷・内側靭帯損傷

(1)概要

足関節外側帯損傷は、外くるぶしの下端にある3つの靭帯前距腓靭帯踵腓靭帯後距腓靭帯を損傷した状態をいいます。

足関節内側靱帯は、脛骨の内果から舟状骨に付着する脛舟部、踵骨に付着する脛踵部、距骨に付着する脛距部に分けられ(「三角靱帯」と呼ばれています。)、それらの一部ないし全部の損傷を足関節内側靱帯損傷といいます。

最も損傷しやすい部位は前距腓靭帯で、内側靭帯損傷は、外側靭帯損傷に比べ頻度は少ないです。

足関節の機能は、緩衝、安定、推進の機能を持ちます。靱帯は、いわゆる各骨や筋肉をつなぐ「ゴム」のようなものなので、足関節においては安定機能を主につかさどります。

したがって、足関節の靱帯損傷の場合は、痛みのほかに、「安定機能が害されているか」という観点を忘れてはなりません。

(2)症状

足関節の痛み、腫れ、圧痛、足関節の不安定性

(3)認定されうる後遺障害等級

疼痛の後遺障害等級である14級9号、12級13号と後遺障害等級非該当のほかは、以下のとおりです。

後遺障害等級第8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
後遺障害等級第8級相当  常に硬性補装具を必要とする動揺性関節
後遺障害等級第10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
後遺障害等級第10級相当 時々硬性補装具を必要とする動揺性関節
後遺障害等級第12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
後遺障害等級第12級相当 過激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としない動揺性関節

(4)必要な検査など

ア レントゲン撮影

足関節靱帯が損傷すると、損傷した靱帯が繋いでいる骨が離開するので、これをレントゲンで確認します。

ただし、目に見えて離開しているほど損傷していればレントゲンで確認できるのですが、離開するほどではないが損傷している、という状態があります。この場合には、レントゲン撮影だけでは不十分です。

イ ストレスレントゲン撮影

足関節がぐらつくなどの不安定性の症状が出ている場合には、ストレスレントゲンを撮影してもらいましょう。ストレスレントゲンとは、靱帯のゆるみなどを原因とする靱帯の緊張性の欠如を確認するテストで、損傷などによって靱帯にゆるみが生じていれば、ストレスを与えた際に、内側ないし外側の可動性が大きくなります。

足関節の可動性は、個体差があるので、ストレスレントゲンを撮影する際には、患側(受傷した側)だけではなく、健側(受傷していない側)も調べてもらいましょう。

なお、ストレスレントゲン撮影が困難な場合には、手技によって動揺性を確認してもらう必要があります。

ウ MRI

足関節靱帯の損傷が疑われる場合には、主治医の先生にMRIを撮影していただくことをお勧めします。MRIは、骨だけでなく軟部組織を撮影するものですので、MRI画像上、T1強調画像で靱帯を確認し、靱帯が緊張性を維持して連続しているか、それとも損傷しているかを確認する必要があります。

エ CT

足関節靱帯を直接確認するわけではないのですが、交通事故を原因とした場合、足関節靱帯だけがピンポイントで損傷することはあまり考え難く、近くの骨の骨折やヒビなどが一緒に生じていることがあります。足関節靱帯の近くの骨折は、その骨折の場所や転位の有無などによって、足関節靱帯の損傷を推認できることがあります。

(5)注意点

足関節の靱帯損傷を原因とする症状について、後遺障害を申請する場合の注意点は、以下のとおりです。

① 受傷時に足関節の腫脹などの外傷所見が認められるかを確認する。

足関節を構成する靱帯が損傷しているのですから、受傷時には腫れなどが生じていることが普通です。診断書や診療録などで、受傷時腫脹の有無を確認しましょう。外傷所見が認められない場合には、後遺障害等級が否定されることもあります。

② 動揺性の有無を確認する。

足関節の不安定性は、意識しないと気付かないこともある自覚症状です。平地を普通に歩いているだけなら気付かないこともあるので、階段の昇降時など、足関節の安定性が求められる状態で確認したほうが正確です。

③ MRIなど必要な検査をお願いする。

上述のように、レントゲンだけでは足関節靱帯の損傷が確認できない場合があります。足は、骨、靱帯や筋肉が入り組んでいる場所なので、軟部組織を確認できるMRIの撮影を、主治医の先生にお願いする必要があります。

④ アーチの崩れを確認する。

足趾の部分で述べたとおり、足の傷害ないし障害とは、アーチがどれだけ崩れているか、という観点から確認するのが大切です。

そのため、症状固定時点や終診時に、主治医の先生に再度検査を行ってもらい、アーチが崩れているかを確認する作業を行いましょう。具体的には、終診時に多方向からのレントゲン撮影をお願いする場合が多いと思われます。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。