後遺障害等級の解説

眼の障害

調節機能障害

1 後遺障害等級表

第11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
第12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

2 後遺障害等級認定のための要件

眼球の調節力が通常の場合の1/2以下に減じた場合に等級が認定される。

3 後遺障害等級認定のための注意点

調節力が1/2以下に減じているか否かは受傷した眼が1眼のみであって、受傷していない眼の調整力に異常がない場合には、両眼の比較によって行う。両眼ともに受傷した場合及び受傷した眼は1眼のみであるが、受傷していない眼の調節力に異常が認められる場合には、症状固定時の年齢を元に、年齢別の調節力を示す調節力値との比較によって行う。

この記事の執筆者

小杉 晴洋
小杉 晴洋

被害者側の損害賠償請求分野に特化。
死亡事故(刑事裁判の被害者参加含む。)や後遺障害等級の獲得を得意とする。
交通事故・学校事故・労災などの損害賠償請求解決件数1000件超。

経歴
小杉法律事務所代表弁護士。
横浜市出身・福岡市在住。明治大学法学部卒。中央大学法科大学院法務博士修了。

所属
横浜弁護士会(当時。現「神奈川県弁護士会」)に登録後(損害賠償研究会所属)、福岡県弁護士会に登録換え(交通事故委員会所属)。